散骨で残した遺骨を手元に置く方法

近頃海洋葬は、自分が亡くなってから残された家族に面倒を掛けたくないという考え方から、お墓を建てないという新たな供養方法として関心が高まってきています。



お墓を継承する人がいないという方たちにとっても、海洋葬は問題を解決してくれる方法となります。

海洋葬とは、遺骨をパウダーにように細かくして、海原に散骨する葬送方法になります。

毎日新聞といえばこちらのサイトです。

しばらく経つと自然の海と融け合うという自然葬の一つとなります。

遺骨を全部散骨することもできますが、一部の遺骨を散骨するという人もいます。
残りの遺骨は手元に置いておくことによって心の拠りどころにする手元供養という方法を選ぶこともできます。

大切な人の側にいる感覚を感じながら毎日を過ごすことができる供養方法になります。
故人を海洋葬で葬送する遺族の、およそ半分以上の人たちが、一部の遺骨を手元供養にすることを選んでいます。残った遺骨をそのままの状態で保管するときには、保管するための骨壷を用意する必要があります。特に決まりなどはないのと、手元供養を選ぶ人が多くなってきていることから色々な骨壷が用意されています。そして、一部の遺骨を加工して手元供養をする物の中でも特に人気を集めているのが、アクセサリーに加工するという方法になります。



アクセサリーには幾つかの種類が存在し、遺骨でダイヤモンドを作りあげて、それをアクセサリーの装飾品にするものや、遺骨を入れることができるペンダントにする方法などがあります。