海に遺骨を散骨する海洋葬

散骨には色々な方法がありますが、代表的な方法が、海洋葬になります。



海洋葬とは、火葬した遺体が遺骨になったものを粉末に加工しパウダー状にして、海原に散骨することによって供養をする葬送の方法になります。

あなたにぴったりのOKWaveの役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

自分が亡くなったときに海洋葬で自分の遺骨を葬送して欲しいと感じている方の中には、契約を前もって生前に済ませておく方も多いです。
海洋葬が墓地埋葬法の第4条で定めている墓地以外に遺骨を埋蔵することを禁止している条項や、刑法の第190条に定めている遺骨遺棄に該当するかどうかについてですが、法務省は、節度を持ち葬送することを目的として行う分には死体遺棄に該当しないという見解で、厚生省も墓地埋葬法は海洋葬を規制する法律ではないとの見解です。
そのため、今現在海洋葬は、違法でも合法でもないということになります。


海洋葬は、法律で方法を特に決められている訳ではありませんが、注意する必要があるマナーが存在します。

まず、日本では遺体を一般的には火葬するため、必ず火葬許可証を取得する必要があり、海洋葬を執り行う葬儀社に委託するときには、葬儀社に火葬許可証を提出することが求められる場合があるということが挙げられます。
そして、海に散骨をする場合は、遺骨を必ずパウダー状に加工する必要があります。


そのときに、遺骨の一辺の長さが、およそ2ミリメートル以下になるようにして、水に溶ける性質がある紙袋を使って海に散骨することが必要になってきます。